券売機はリース契約がお得?価格相場や仕組みを解説 店舗DX

券売機はリース契約がお得?価格相場や仕組みを解説

2023/08/25

お客様の会計・決済システムに券売機を導入する飲食店が増えています。人手不足に対する対応や業務効率化の手段として、ラーメン屋や牛丼屋などの小規模店舗ではよく見かけるツールです。
券売機はリース・レンタル・購入の3つの導入方法があり、それぞれ費用が異なります。この記事では券売機のリース契約における仕組みや費用相場について解説します。

目次
1 券売機とは 2 リース契約の券売機とは 2.1 リース契約の仕組み 3 リース契約で券売機を導入するメリット 3.1 初期費用の負担軽減 3.2 会計処理がシンプル 3.3 希望の機種が借りられる 4 券売機導入におけるリースとレンタルの違い 4.1 必要な経費 4.2 解約できるかどうか 4.3 契約期間 4.4 審査の有無 4.5 保守・修繕の対応 5 リース契約の券売機の金額相場 6 最低水準の月額料金で契約するなら「CASHIERタッチパネル券売機」 7 まとめ

券売機とは

券売機とは、レジ業務を行うスタッフを配置することなく、オーダー・会計が可能になる機器です。券売機での会計の場合、セルフレジと異なり、商品・サービスを受ける前に料金を支払う前払い制となります。

特に小規模店舗の飲食店・アミューズメント施設・小売店やイベント時に導入されており、人材不足解消、業務効率化に役立ちます。

券売機の詳細は、以下の記事をご覧ください。
関連記事:【完全版】券売機とは?種類やメリット、価格、導入方法を徹底解説

リース契約の券売機とは

券売機は、リース契約を交わしたメーカーから長期的に借り受けるリース契約が可能です。リース契約の特徴は以下のようになっています。

l  契約期間:中期~長期(半年~10年程度)

l  借りる券売機:ユーザーが希望する券売機をリース会社が購入する

l  中途解約・キャンセル:原則できない

l  保守・修繕義務:基本的にユーザー

l  契約終了後:リース会社に券売機を返却もしくは契約延長

リース契約の仕組み

リース契約は、ユーザー・券売機提供メーカー・リース会社の3社がかかわる契約システムです。

リース契約を交わすと、ユーザーはメーカーから券売機を借り受けるとともに、月々の利用料を支払うことになります。このとき、ユーザーがリース契約を結んでいるのはメーカーではなく、リース会社になります。そのため、利用料金の支払先もメーカーではなく、リース会社です。

一方、リース会社とメーカーは売買契約を締結しており、リース契約を締結すると、リース会社からメーカーに代金が一括で支払われるような形です。

簡単にお金の流れだけを表すと、「メーカーが券売機を購入する」「リース会社からメーカーに一括で代金が支払われる」「ユーザーからリース会社へ月額料金を支払う」という関係性になります。

リース契約で券売機を導入するメリット

 

仕組みが複雑そうに思えるリース契約ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、リース契約のメリットをご紹介します。

初期費用の負担軽減

リース契約を用意しているメーカーの多くが、初期費用を無料にしています。券売機を購入する場合、一台につき50万円~数百万円程度かかります。そのため、初期費用を抑えたい企業にとっては金銭的な負担を大きく軽減できるでしょう。

特に、店舗開業時には開店前の広告宣伝費や券売機以外の設備・機器の導入費など、なにかと費用がかかります。そうした場合にはリース契約を結ぶことで初期費用を抑え、店舗運営に資金を回すことが可能です。

会計処理がシンプル

リース契約の場合、券売機の持ち主はメーカーになります。毎月の費用は経費として資金管理が可能です。

また、所有権がないため、リース資産として減価償却費の平準化や固定資産税といった会計処理もシンプルに行えます。

希望の機種が借りられる

リース契約の場合、ユーザーが導入したい券売機を新品で導入可能です。従来のボタン式の券売機から最新式のタッチパネル券売機やキャッシュレス決済対応の券売機まで、様々な種類の券売機から選べます。

最近では顧客の利便性を高めるために、ボタン式の券売機ではなく誰でも簡単に利用できるタッチパネル券売機を選択する企業が増えています。データ管理がしたい方や外国語対応したい場合には、タッチパネル券売機がおすすめです。

券売機導入におけるリースとレンタルの違い

券売機はレンタル契約も可能です。そこで、レンタル契約の特徴も以下にまとめました。リース契約との違いを知る参考にしてください。

必要な経費

リース契約・レンタル契約は、どちらも初期費用は無料である場合が多いです。しかし、月額料金に関しては基本的にリース契約の方が割安に設定されています。

そのため、より費用を抑えたいという企業には、基本的にはリース契約の方がお得といえるでしょう。検討している使用期間によっては、リース契約よりも購入した方が割安になる可能性もあるため、メーカーに相談することがおすすめです。

解約できるかどうか

リース契約は中途解約・キャンセルができないのに対し、レンタル契約は途中解約がいつでも可能です。リース契約の場合、メーカーが倒産したとしても基本的にはリース会社に月額料金を支払わないといけない点に注意が必要です。

そのため、手軽に契約できるのはレンタル契約の方になります。リース契約を結ぶ際には、契約内容をよく確認したうえで締結することが大切です。

契約期間

レンタル契約は、1日からレンタル可能な場合が多いため、気軽に契約できます。一方、リース契約は半年~10年程度と長い契約期間になることが一般的です。

 はじめて券売機を試したいという場合や比較的短期間の出店の場合にはレンタル契約が適しています。一方で、店舗を長く運営したい場合にはリース契約も適しています。

審査の有無

リース契約は、契約前にリース会社による審査を受ける必要があります。そのため、券売機の導入時期が遅くなります。一方、レンタル契約はメーカーとの契約になるため、審査がありません。

 なるべく早く券売機を導入したい場合には、レンタル契約がおすすめです。

保守・修繕の対応

リース契約の場合、保守・修繕の対応はユーザーがしなければなりません。そのため、メンテナンス費用は自社で別途受けもつ必要があります。レンタル契約の場合には、メーカーによって対応サービスの範囲が異なります。事前に無料サービスと有料サービスの範囲を確認しておきましょう。

リース契約の券売機の金額相場

それでは、リース契約した場合、券売機の月額料金はどのくらいかかるのでしょうか。ここでは、リース契約の券売機の金額相場をご紹介します。

まず、券売機と一言で言っても、さまざまな種類があります。代表的な種類における券売機の6年間のリース契約をした場合の金額相場は以下になります。

l  卓上型(ボタン式):月額12,000

l  縦置型(ボタン式・低額紙幣対応):月額17,000

l  縦置型(ボタン式・高額紙幣対応):月額25,000

l  タッチパネル式:月額34,000

最低水準の月額料金で契約するなら「CASHIERタッチパネル券売機」

さまざまな業種問わず多くの店舗に券売機を提供している株式会社ユニエイムでは、スマートな見た目で使いやすさにこだわった高品質なタッチパネル券売機を用意しています。

 はじめて利用するお客様も簡単に操作できる21インチタッチパネルを搭載しており、キャッシュレス決済にも対応しています。さらに横幅400mm×奥行435mmという省スペースに収まるため、小規模店舗でも置く場所に困りません。

月額料金は、以下のようになっています。

l  キャッシュレス専用タッチパネル券売機:月額9,400

l  キャッシュレス・現金対応タッチパネル券売機:月額11,400

券売機を検討されている企業の方は、ホームページをご覧ください。
関連記事:CASHIER「タッチパネル券売機」

まとめ

小規模な飲食店を中心に券売機を導入する店舗は増えています。

券売機は150万円以上の価格が一般的ですが、リース契約を利用することで初期費用や月額料金を抑えて借りられます。また、価格だけでなく操作性も十分に考慮し、自店舗のスタッフもお客様も直感的な操作が可能なタッチパネル券売機の導入がおすすめです。

購入・レンタルと比較し、自社に適した方法で導入することで、券売機導入にかかる負担を抑えましょう。

端末の画像イメージ

CASHIER POSで運営業務を効率化!

詳しく知る
今すぐ相談 050-8881-0932
資料ダウンロード資料
ダウンロード
オンライン商談オンライン
商談
資料ダウンロードお問い合わせ

記事の投稿者PROFILE

CASHIER カスタマーサクセス

藤原 貴雄

2014年11月入社。前職はインテリア販売を経験し、接客/営業のスキルを磨く。
前職で培ったスキルをベースにPOSレンタルの営業や各地方の物販運営業務などを経験。
2021年CASHIER事業としてチーム変更し、
現在はカスタマーサクセスのリーダーとしてチームを纏める役割を担っている。

ページ上部に戻る