キャッシュレス決済の店舗導入を進める影響|効果や注意点を解説 キャッシュレス決済

キャッシュレス決済の店舗導入を進める影響|効果や注意点を解説

2022/10/23

あらゆる業界・業種で店舗導入が進むキャッシュレス決済。現金決済だけでなくクレジットカード決済やスマホ決済を導入することで、どのような影響があるのでしょうか。

今回は、キャッシュレス決済の導入による効果や注意点を解説します。

目次
1 キャッシュレス決済を店舗導入する方法 1.1 キャッシュレス決済の導入目的を明確にする 1.2 導入する決済方法を選定する 1.3 契約先の決済事業者を選ぶ 1.4 端末を設置して業務フローを整備する 2 キャッシュレス決済を店舗導入することで得られる効果 2.1 レジ業務を効率化できる 2.2 利用客の獲得につながる 2.3 客単価の向上が期待できる 2.4 売上や在庫の管理がしやすくなる 3 キャッシュレス決済を店舗導入する際に気をつけるべきポイント 3.1 システム障害や災害で使用できなくなる可能性がある 3.2 導入費用や手数料がかかる 3.3 入金までのタイムラグが発生する 3.4 審査に時間がかかる場合がある 4 キャッシュレス決済を店舗導入する場合の費用の目安 4.1 初期費用、月額料金 4.2 端末費用 4.3 決済手数料 4.4 補助金 5 まとめ

キャッシュレス決済を店舗導入する方法

キャッシュレス決済を店舗導入する方法

キャッシュレス決済サービスのメリットは理解しているものの、導入方法がわからないというケースもあります。そこで最初に、店舗にキャッシュレス決済を導入する際の手順を解説します。

キャッシュレス決済の導入目的を明確にする

まずは、キャッシュレス決済を店舗に導入する目的を明確にしましょう。導入ビジョンを明確にして従業員間で共有していないと、途中で計画が頓挫してしまう可能性があります。

「キャッシュレスの利用率が高い若いお客様を取り込みたい」「現金管理の手間を削減したい」など、店舗の運営状況に応じてさまざまな目的が考えられます。

導入する決済方法を選定する

次は、店舗に導入する決済手段を選ぶプロセスです。多くの店舗に導入されているキャッシュレス決済としては、主に以下の3種類があります。

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • QRコード決済

利用者が多いクレジットカードや決済スピードの早い電子マネー、導入コストが低いQRコードなど、それぞれの決済方法の特徴を踏まえて最適なサービスを選択しましょう。複数の決済方法に対応するのも効果的です。

契約先の決済事業者を選ぶ

決済方法が決まったら、契約先の事業者を選定します。主な契約先には、個別の決済事業者と決済代行会社の2つが挙げられます。

決済方法ごとに事業者と契約することで、個別に条件を細かく決められるメリットはありますが、契約や審査の負担が増える点がデメリットです。

特に複数の決済手段に対応する場合は、決済代行会社を活用して一括で契約することをおすすめします。

端末を設置して業務フローを整備する

契約が完了すると、契約先の事業者から決済端末が届きます。それを店舗に設置して、スタッフの業務フローを確認したら、運用をスタートさせましょう。

上記の手順でキャッシュレス決済を導入するとスムーズに進められます。

キャッシュレス決済を店舗導入することで得られる効果

キャッシュレス決済を店舗導入することで得られる効果

店舗のキャッシュレス化を進めると、お店と顧客の双方にさまざまな効果をもたらします。そこで次は、キャッシュレス決済の導入によって期待できるメリットをご紹介します。

レジ業務を効率化できる

現金決済の場合、スタッフは「お金を受け取る」「レジにお金を投入する」「お釣りを取り出す」「お釣りやレシートを手渡す」という4つの作業をこなします。

一方、キャッシュレス決済であれば、「端末の操作を促す」「レシートを手渡す」の2つの作業のみで完結します。

キャッシュレス化を進めることでレジ業務を効率化でき、スタッフの負担軽減や人件費の削減に役立つでしょう。特に、専任のレジスタッフがいない飲食店などで大きなメリットといえます。

利用客の獲得につながる

キャッシュレス決済の導入により利便性が向上すれば、顧客の獲得や販売機会の拡大にもつながります。

キャッシュレスサービスによってはポイント還元キャンペーンなどを実施していることも多く、さらに集客が見込めます。

客単価の向上が期待できる

キャッシュレス決済であれば、持ち合わせがない場合でも買い物がしやすいため、客単価の向上が期待できます。特に、ウィンドウショッピングの機会が多い駅ナカの小売店などで高い効果を発揮します。

売上アップにお悩みの場合は、キャッシュレス決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

売上や在庫の管理がしやすくなる

キャッシュレス決済では、支払い履歴や売上がデータとして保管されるため、販売戦略などに活用しやすくなります。売上管理業務の負担軽減にも役立ち、店舗経営全体の効率化につながるでしょう。

キャッシュレス決済を店舗に導入すると上記のような効果が期待できます。

キャッシュレス決済を店舗導入する際に気をつけるべきポイント

キャッシュレス決済の導入メリットを生かすには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。続いては、キャッシュレス決済導入時の注意点をご紹介します。

システム障害や災害で使用できなくなる可能性がある

キャッシュレス決済は、インターネット通信を前提とした決済システムです。そのため、システム障害や災害が発生してインターネットに接続できなくなると、決済システムも使用できなくなる可能性があります。

トラブル時のお客様対応も含めて、決済システムが使用できない場合の対処方法を事前に検討しておきましょう。

導入費用や手数料がかかる

キャッシュレス決済を利用する場合、導入費用や決済手数料が必要です。導入後に経営状況を悪化させないためには、事前に予算を立てておくのが良いでしょう。

また、売上や業績を理由にキャッシュレス決済の導入が難しいと感じている場合は、初期費用や月額利用料のかからないサービスを選ぶのがおすすめです。有料のサービスも、キャンペーン期間中は無料で導入できるケースがあります。

入金までのタイムラグが発生する

キャッシュレス決済は、まず加盟店が料金を立て替え、後日決済事業者から売上金が振り込まれる仕組みです。現金とは異なり、売上を現金化するまでに時間がかかるため、キャッシュフローが悪化する可能性があります。

入金スピードの早いサービスや、複数回の入金が可能なサービスを選ぶことで経営への影響を最小限に抑えましょう。

審査に時間がかかる場合がある

キャッシュレス決済の需要は日々高まっているため、今すぐ導入したい場合でも審査に時間がかかる可能性があります。特に、個別の決済事業者と契約する場合は時間がかかりやすい傾向にあります。

スピーディーな導入を実現するためには、できる限り早く手続きを進めましょう。

キャッシュレス決済を店舗導入する場合の費用の目安

キャッシュレス決済の導入でもっとも懸念する点といえば、コスト面ではないでしょうか。そこで最後に、キャッシュレス決済を店舗導入する際の費用面について解説します。

初期費用、月額料金

キャッシュレス決済の導入にかかる初期費用は、2万〜5万円前後が相場です。ただし、競合サービスが数多く登場したことで、キャンペーンによる割引や初期費用無料のサービスが増えています。また、月額料金は0〜3,000円程度が相場です。

端末費用

キャッシュレス決済の導入には、各種端末や周辺機器の設置費用がかかる場合もあります。決済端末(カードリーダー)やタブレット、プリンターなどが代表例です。

無料で提供しているケースもあれば、数万円程度の料金が発生するサービスもあります。

決済手数料

キャッシュレス決済の手数料は、2〜3%が相場です。最大でも5%以下のサービスがほとんどです。決済手数料は売上に直結するため、導入前に確認しておきましょう。

補助金

コスト面を理由にキャッシュレス決済の導入を躊躇している場合は、国が用意している補助金を活用してみてはいかがでしょうか。IT導入補助金や小規模事業者持続化補助金など、利用できる制度はさまざまあります。気になる場合は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

参考記事:「キャッシュレス決済の導入メリットとデメリット、設置の流れを解説」  

まとめ

キャッシュレス決済は、店舗の売上アップや業務効率化に役立つサービスです。導入コストや入金までのタイムラグなどの課題はあるものの、店舗と顧客の両方にメリットがあります。

新規顧客の獲得や売上管理の効率化などにお悩みの場合は、キャッシュレス決済の店舗導入を進めてみてはいかがでしょうか。

参考記事:「キャッシュレス決済の導入メリットとデメリット、設置の流れを解説

ページ上部に戻る