POSレジの導入費用とは?相場や付随してかかる費用を徹底解説 POSの基礎知識

POSレジの導入費用とは?相場や付随してかかる費用を徹底解説

2023/05/26

POSレジを導入する際にどれほど費用がかかるか気になる方は多いでしょう。これから店舗ビジネスを展開する場合には、POSレジの費用相場を理解し、自店舗に適した端末を選ぶことが大切です。

そこで本記事では、POSレジ導入を検討する店舗ビジネスの経営者向けに、POSレジの導入費用の概要や相場、導入費用に影響する要素について解説していきます。

この記事でわかること

  • POSレジの導入費用(初期費用、運用費用)
  • POSレジのタイプ別購入費用
  • POSレジの導入費用を下げる方法
目次
1 POSレジの「導入費用(初期費用)」と「運用費用(月額料金)」とは 1.1 導入費用(初期費用) 1.2 運用費用(月額料金) 2 POSレジの導入費用に影響する要素 2.1 導入方法 2.2 POSレジの種類 2.3 POSレジの提供会社 3 POSレジのタイプ別購入費用の相場 3.1 パソコン型POSレジ 3.2 ターミナル型POSレジ 3.3 タブレット型POSレジ 4 POSレジの導入費用を抑える方法 4.1 レンタルPOSレジを利用する 4.2 中古POSレジを購入する 4.3 最低限必要な機能で月額利用を節約する 5 まとめ

POSレジの「導入費用(初期費用)」と「運用費用(月額料金)」とは

POSレジの導入費用とは?

POSレジ導入にかかる費用には、「導入費用(初期費用)」と「運用費用(月額料金)」の二つがあります。

導入費用(初期費用)

POSシステムを本体に搭載したPOSレジ本体を購入する場合、端末代金は1台あたり約20万円以上となっています。

ただし、さまざまな要素によって導入費用の相場は異なってくるため、詳細については後ほど解説します。

運用費用(月額料金)

導入したあとに必要なのが運用費用です。これは月額制の場合が多く、料金プランが1種類の場合もあれば、数種類の中から希望に合ったプランを選べるケースもあります。

最初に導入した際に基本的なレジ機能が備わっているため、他の機能は特にいらないと感じるのであれば月額料金はかかりません。

しかし、保存できるデータの量と期間が制限されていることが多いため、データ容量を増やしたり、複数の店舗のデータを一度に管理したりしたい場合には、月額費用が発生することが多いです。

さらに、導入したばかりの頃は操作や使い方がわからず戸惑うこともあるため、初期費用にサポート費用も含まれているのかを確認するようにしましょう。

POSレジの導入費用に影響する要素

POSレジの導入費用に影響する要素について、以下の3つをご紹介します。

導入方法

POSレジの導入方法は、購入・レンタル・リースの3つが挙げられます。導入方法により導入費用や月額料金が異なってきます。

購入する場合には本体代金を導入時に支払うことになるため、最も導入費用が高くなります。しかし、月額料金はメンテナンスや故障時にかかる費用のみです。

一方、レンタル・リースの場合には初期費用はかからないこともあり、導入時の負担を抑えられますが、月額料金に利用料金がかかります。。

POSレジの導入方法でお悩みの場合、以下の記事をご覧ください。

関連記事:POSレジは購入すべき?メリット・デメリットも徹底解説

POSレジの種類

POSレジには、以下の3つの種類があります。

・ターミナル型POSレジ

・パソコン型POSレジ

・タブレット型POSレジ

 

ターミナル型POSレジは、レジ本体にPOSシステムを搭載しており高機能な分、高額な製品が多い傾向があります。

一方、パソコン型POSレジやタブレット型POSレジは、パソコンやタブレット、スマホにPOSシステムのソフトウェアをインストールして使用するため、手持ちの機器を利用できます。そのため、費用を抑えやすい傾向といえます。

POSレジの種類ごとの費用相場については次の見出しで紹介しますので、ご覧ください。また、各POSレジの種類について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

関連記事:POSレジの種類とは?旧レジとの違いも解説

POSレジの提供会社

POSレジは、提供会社によって料金プランが異なります。完全カスタマイズできるメーカーもあるため、各社から見積もりを取るとともに、話を聞くのがおすすめです。自社の希望に寄り添ってくれるメーカーを探すことで、コストや導入にかかる負担を抑えられるでしょう。

POSレジのタイプ別購入費用の相場

POSレジには大きく分けて3つの種類があり、どれを購入するかによって相場が異なります。それぞれに特徴があるので、メリットもデメリットを考慮しながら予算と目的によって選ぶことが重要です。ここでは、それぞれの費用相場をご紹介します。

パソコン型POSレジ

パソコン型はパソコンにPOSレジのシステムをインストールしたもので、通常のパソコンを利用して導入できるのが特徴です。すでにパソコンを持っているのであれば初期費用を抑えることができますが、キャッシュドロアやレシートを発行する機械を買う場合は40万円ほどかかることが多いです。

しかし、1度購入すればパソコン内で新しいシステムをインストールして使い続けることができるため長い目で見れば費用はそこまで高くないでしょう。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型は、POSレジ専用に作られたレジスターを指します。専用に作られているだけあって多機能かつ性能が非常に高いため、導入費用は高くおよそ50万円〜、高いもので100万円ほどかかる場合もあります。

高性能であるため目的に合わせて機能をカスタマイズすることも可能なので、大型チェーン店などに向いています。しかし、その分修理にかかる費用も高くなることがあるので、料金プランをしっかり確認するようにしましょう。

タブレット型POSレジ

iPhoneやiPadなどの端末機器に、POSレジの機能をインストールして使用する方法もあります。すでに端末を持っている場合は初期費用はかからず、持っていない場合でもiPadであれば4万円ほどで購入することができます。

周辺機器を揃えても安ければ10万円ほどで導入できるので、かなり費用を抑えることが可能です。

POSレジの導入費用を抑える方法

POSレジの導入費用を下げる方法

どのタイプのPOSレジを使うかによってかかる金額は大きく異なりますが、費用はできる限り抑えたいものです。もし購入費用がネックになって中々決められないという場合に、少しでも費用を下げるために一度検討するべき方法をいくつかご紹介します。

レンタルPOSレジを利用する

一つ目は購入するのではなく、レンタルから始める方法です。レンタルの最大のメリットは短期間でも借りることが可能な点です。また、初期費用に大きな金額が必要なく解約も簡単です。

「購入を考えているけど本当にこれでいいのか分からない」と感じるのであれば、購入する前に一度レンタルをして使ってみることをおすすめします。実際に使用してメリットを大きく感じるのであれば購入しても良いですし、使いにくいと感じた場合でもレンタルであればすぐに解約できます。

ただし、レンタルの場合は使用する機種をあまり自由に選べない可能性もあるので、レンタル業者が取り扱っている機械を事前にチェックしておきましょう。

中古POSレジを購入する

もうひとつは中古で購入する方法です。特にターミナル型のPOSレジは初期費用がかなりかかるので中古で買うことを検討するのも良いでしょう。業者を通じて購入すれば中古でもかなり状態の良いものを買うことができるため、十分に使うことができるでしょう。

注意すべき点はインターネットで中古品を買った場合、サポートや保証がついていない可能性があることです。初期操作を自分達で行わなければならなかったり、不具合が生じた時に別途でサポート費用が発生する場合もあります。

きちんとしたメーカーや業者を通して買うと、保証付きのものやサポート費用が含まれてものも多いので安心して導入することができます。

最低限必要な機能で月額利用を節約する

オプションを極力付けずに毎月かかる費用を抑える方法もあります。導入する際に様々な機能やオプションを追加することができますが、その分金額も高くなります。せっかく導入したのに気付いたら全然使っていないとなると、かけた費用が無駄になってしまいます。

無駄な出費を抑えるためにも、購入する前にどんな機能が必要でどれくらいのデータがあればいいのかを把握しておく必要があります。

たとえば、データの保存期間は短くてもいい、商品の数はそこまで多くないというのであれば、データ容量を増やす必要もないのでベーシックなプランで運用できるでしょう。多機能であればあるほど便利ではありますが、必要でない機能を判断することでコスト削減にも繋がります。

POSレジを店舗で利用する場合には、レンタルPOSレジのご利用もおすすめです。ユニエイムのPOSレジは業界最安値で利用できるため、月額費用を抑えながら利用できます。

まとめ

POSレジの導入の際にはどういう種類があり、どれくらい費用がかかるかを知っておく必要があります。

予算を踏まえながら、自店舗の規模感や商品の数を把握することでどのタイプのPOSレジが合っているのか、どのような機能を付随したいのかが見えてきます。

また、レンタルを利用したり中古品を買うなど、工夫次第で費用は抑えることができます。予算が厳しい場合にはこれらの方法を検討することで選択肢も増えるでしょう。本記事を参考に目的や予算に合わせたPOSレジを選んでください。

ちなみに以下の記事ではPOSレジの価格や使用用途などをまとめています。ぜひご参考ください。
関連記事:POSレジとは?種類や機能、選び方を徹底解説

端末の画像イメージ

CASHIER POSで運営業務を効率化!

詳しく知る
今すぐ相談 050-8881-0932
資料ダウンロード資料
ダウンロード
オンライン商談オンライン
商談
資料ダウンロードお問い合わせ

記事の投稿者PROFILE

CASHIER カスタマーサクセス

藤原 貴雄

2014年11月入社。前職はインテリア販売を経験し、接客/営業のスキルを磨く。
前職で培ったスキルをベースにPOSレンタルの営業や各地方の物販運営業務などを経験。
2021年CASHIER事業としてチーム変更し、
現在はカスタマーサクセスのリーダーとしてチームを纏める役割を担っている。

ページ上部に戻る