店舗DX

POSシステムのセルフレジを導入するメリット・デメリットを解説します

2021/08/28

大型スーパーやコンビニなどで、目にする機会が増えてきたセルフレジ。

セルフレジはかつて、長時間の並び待ちのストレスを解消させる目的で導入されていましたが、最近では、POSシステムのセルフレジを経営戦略の一環として導入する店舗がみられています。

POSレジの存在は知っていても、導入によって店舗どのような利益がもたらされるのかを詳しく知りたい方は多いと思います。

そこでこの記事では、POSシステムのセルフレジを導入するメリット・デメリットを解説していきます。

目次
1 POSシステムとは? 1.1 POSレジの導入の仕方 1.2 POSシステムのセルフレジでできること 2 POSシステムのセルフレジを導入するメリット 2.1 レジ待ちの解消で取引数が増加する 2.2 従業員の人手不足が解消される 2.3 業務効率化に繋がる 2.4 コロナ禍の来客数増加に繋がる 3 POSシステムのセルフレジを導入するデメリット 3.1 接客時間が減少する 3.2 操作に慣れない顧客を失う可能性がある 3.3 端末や通信トラブルが起こる可能性がある 4 まとめ 5 参考元URL

POSシステムとは?

POSのイメージ画像

POSは「Point of sale」を略したもので、直訳すると「販売時点情報管理」という意味になります。 POSシステムのレジは、売上が発生した時点で商品のデータが自動的に取得され、クラウドを介してリアルタイムの売上集計を確認したり、商品の種類ごとの販売実績を分析したりすることができます。 スーパーやコンビニ、アパレルショップなどでPOSシステムを導入したレジをよく見かけますが、その種類は業界・業種で細分化されています。

  • 全業種対応
  • セルフレジ対応
  • 飲食店向け
  • 小売業界向け
  • アパレル向け
  • 美容・サロン向け
  • 病院・クリニック向け
  • ターミナル向け

どのような業界においても幅広く活用できるPOSレジは、店舗の売上データの管理や分析に大いに役立ち、セルフレジであれば、さらに店舗の人手不足の問題を解決することができます。

POSレジの導入の仕方

POSシステムを店舗のレジに導入する場合、筐体一体型、パソコン型、タブレット型の3種類から選ぶことになります。

筐体一体型

筐体一体型は、主にコンビニやスーパーで導入されているもので、筐体の中に専門のソフトウェアがインストールされています。 機能は特定の業種に限定され、導入やカスタマイズに多くに費用を要します。

パソコン型

パソコン型は、市販のパソコンに専用のアプリケーションをインストールして利用するPOSレジです。 皆さんが普段から使っているようなパソコンをそのままレジにして利用する場合は「パソコンPOS」、レジの形をしたPOSシステムのパソコンを利用する場合は「パソコンベースドPOS」と呼ばれます。 メーカーやOSに左右されないため、ハードの交換とソフトの継承も可能です。  

タブレット型

タブレット型は、iPadなどの端末に専用のアプリケーションをインストールして利用するPOSレジです。 基本的にクラウドシステムと連動した状態で提供されるため、システム構築をする手間が省けます。 3種類の導入方法の中で最も初期費用が安く収まり、尚且、Wi-Fi環境とタブレット端末があれば簡単に導入できるいうことから、小売店で急速に普及しています。

POSシステムのセルフレジでできること

基本的なレジ機能を使えるのはもちろんのこと、売上データの分析や顧客管理なども可能になります。 POSシステムのサービスごとに搭載されている機能や仕様は異なりますが、ここでは、小売・飲食店業界向けの機能の例を挙げてご紹介します。

  • お客様が、タブレット端末を使って自ら商品をオーダーできる
  • お客様が、タブレット端末を使って自ら商品を会計・精算できる
  • 売上データがリアルタイムで集計される
  • 商品の種類ごとの売上情報を把握できる
  • 顧客の来店情報や取引履歴を把握できる
  • 複数の店舗の売上情報や在庫情報を一括管理できる
  • クレジットカード・電子マネー・QR決済に対応できる

売上・顧客管理が充実しているだけではなく、顧客満足度の向上にも期待できるのがPOSシステムのセルフレジです。

POSシステムのセルフレジを導入するメリット

メリットのイメージ画像

POSシステムのセルフレジの導入によって、どのようなメリットが生まれるのかを具体的にご紹介していきます。

レジ待ちの解消で取引数が増加する

セルフレジと有人レジと併用することで、混雑時の取引数を増加させることができます。

顧客のレジ待ちのストレスを解消させるだけではなく、回転率が上がることで売上アップに期待できるのは大きなメリットです。

従業員の人手不足が解消される

セルフレジの導入によって、最小限の人数で店舗を効率よくまわすことができます。

また、人の手による釣り銭の渡し間違いや、データ入力のミスなどのリスクも回避可能。 労働人口の減少が各業界で問題となっていますが、従業員を思うように確保できない店舗では、POSシステムのセルフレジの導入が有効な解決策となります。

業務効率化に繋がる

本来レジ打ちを担当する従業員の手が空き、接客により力を入れたり、品出しなどに時間を割いたりできるため、業務効率化が実現します。

また、POSシステムの売上データの分析機能を活用すれば、店舗の売れ筋商品を把握して陳列を変えたり、特定の顧客に対して効率よくサービスをアプローチしたりするなど、さまざまな営業戦略を立てることもできます。

コロナ禍の来客数増加に繋がる

セルフレジであれば、消費者と従業員が接触する機会が減少するため、新型コロナウイルスの感染予防対策に敏感な消費者の来客数を伸ばすことができます。

また、キャッシュレスに対応したPOSレジであれば、手っ取り早く会計を済ませたい顧客の獲得率向上にも期待できます。外国人観光客が多い地域であれば、キャッシュレス決済による売上アップも見込めます。 今後、セルフレジはさらに身近なものになると予想されるため、セルフレジ機能だけではなく、顧客分析機能などが搭載されたPOSレジがより注目されていくでしょう。

POSシステムのセルフレジを導入するデメリット

デメリットのイメージ画像

POSシステムのセルフレジは、顧客側にとっても店舗側にとっても魅力的なメリットがありますが、導入時はデメリットも必ず把握しておかなければなりません。 具体的にどのようなデメリットが生じるのかをご説明していきます。

接客時間が減少する

セルフレジの導入によって顧客と接する機会が減少して、店舗のサービスのクオリティが下がる可能性があります。

これまで接客の良さで顧客を獲得してきたような店舗では、接客業務を減らして他の業務に注力することでどのような損益が生まれるのかを予測した上で導入を検討する必要があります。

操作に慣れない顧客を失う可能性がある

スマホやタブレットの操作に慣れた若者であれば、筐体一体型・タブレット端末のセルフレジを直感的に操作できます。

しかし、高齢の顧客の場合、慣れない操作にストレスを感じてしまう可能性があります。 有人レジを残しつつ、セルフレジを導入するなどの対策もありますので、顧客の年齢層をよく考えた上で導入を検討しましょう。

端末や通信トラブルが起こる可能性がある

POSレジは、インターネットを介してクラウドで売上データや顧客情報を管理しているため、通信トラブルが起こるとデータを取得できない可能性があります。

また、端末を落として操作ができなくなるなどのトラブルも想定されます。 POSシステムのセルフレジを導入する際は、保守・サポート体制が万全で、緊急時に迅速な対応を行ってくれるサービス先を選ぶのがポイントです。

まとめ

POSシステムのセルフレジはさまざまな業界で普及しており、特定の業種に特化した機能が搭載されたPOSレジも年々増えてきています。 セルフレジ機能に対応したPOSレジを導入した場合、レジ待ちの時間が解消されて取引数の増加と売上アップに繋がり、クラウドに保存された売上データを活用して営業戦略を立てることも可能です。

「顧客満足度の向上」「業務効率化」「売上アップ」など多くのメリットがある中で、接客する機会が減少してサービスの質が低下したり、セルフレジを上手く操作できない顧客を失ったりする可能性があることも忘れてはいけません。

POSシステムのセルフレジは、アフターコロナの時代においてさらに需要が高まると予想されています。 導入をご検討されている方は、この記事でご紹介した情報を是非お役立てください。

参考元URL

POSシステムとは?
https://hnavi.co.jp/knowledge/blog/pos_system/
https://orend.jp/mag/a0075#POS  

POSレジの分類
https://www.busicom.co.jp/postoha/  

POSシステムのセルフレジでできること
 https://smaregi.jp/product/  

POSシステムのセルフレジを導入するメリット
https://www.postas.co.jp/makesmiles/643/index.html
https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/ss/retail/topics/self/  

POSシステムのセルフレジを導入するデメリット
http://www.k-s-s.co.jp/column/store-management-system/about/self-order-system/
https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/ss/retail/topics/self-merit/

CASHIER POSで運営業務を効率化!

詳しく知る
今すぐ相談 050-5306-2709
資料ダウンロード資料
ダウンロード
オンライン商談オンライン
商談
資料ダウンロードお問い合わせ