2021年最新【セルフオーダー】導入のメリットとシステム選ぶ際のポイント 店舗DX

2021年最新【セルフオーダー】導入のメリットとシステム選ぶ際のポイント

2021/08/05

居酒屋や回転寿司などの飲食店におけるDXが進むなか、「セルフオーダー(テーブルオーダー)システム」の重要度が高まっています。

このセルフオーダー(テーブルオーダー)システムとは、店舗内のテーブルに設置されているタブレットなどを用いて、お客様自身が商品を注文するシステムのことです。セルフオーダーを店舗に導入することにより、スタッフの負担軽減や外国語対応などあらゆるメリットが見込めます。

そこで本記事では、セルフオーダーシステムの基礎概要、導入するメリット・デメリット、気をつけるべきポイントを解説します。最後までご覧いただくことで、セルフオーダーを導入すべきか適切な判断ができるはずです。

目次
1 セルフオーダー(テーブルオーダー)システムとは? 1.1 セルフオーダー(テーブルオーダー)の種類 2 セルフオーダー(テーブルオーダー)システムの導入で得られる3つのメリット 2.1 スタッフの負担が軽減する 2.2 メニュー表が不要になる 2.3 外国語に対応できる 3 セルフオーダー(テーブルオーダー)システムの導入で発生する2つのデメリット 3.1 お客様とのコミュニケーションが減る 3.2 はじめて利用する場合は時間がかかる 4 セルフオーダー(テーブルオーダー)システムを選ぶ際に気をつけるポイント 4.1 導入コストを考慮する 4.2 見やすさと操作性 4.3 サポート体制の有無 5 まとめ

セルフオーダー(テーブルオーダー)システムとは?

テーブルオーダー使用中のイメージ

セルフオーダー(テーブルオーダー)システムとは、店舗内のテーブルに設置されているタブレットなどを用いて、お客様自身が商品を注文するシステムのことです。居酒屋や牛丼屋、回転寿司などで活用されており、メニュー内の商品を自由に注文できます。

セルフオーダーの使い方は、タブレットに表示されているメニューをタッチし、注文ボタンを押してオーダーを送信します。送信されたオーダーはキッチンプリンターから印刷され、その情報をもとに料理を提供します。なお、そのデータはPOSレジと連動しているため、レジでの会計処理がスムーズに行えます。

このようにセルフオーダーを利用することで、店舗側とお客様の両方にあらゆるメリットが見込めます。例えば、業務の効率化や人手不足の解消、注文の時間短縮などです。また、料理や飲物以外にも、とりわけ皿やおしぼり、お箸といった注文もセルフオーダーから行えます。

今後、セルフオーダーシステムは注文を受けつけるだけでなく、その場で決済まで完結できる仕組みが普及していることが予想されます。

ちなみに、セルフオーダーシステムは「お客様が自身のスマートフォンを用いて注文する」という意味で使われる場合もあります。その場合、セルフオーダー(モバイルオーダー)システムとして用いられます。

セルフオーダー(テーブルオーダー)の種類

セルフオーダーと一言にいってもさまざまな種類があります。具体的には下記のようなものがあげられます。

 

  • メニウ君
  • CASHIER ORDER
  • MAXNAVI neo
  • スーパースターNAVI
  • CROSS I
  • でんちゅー
  • オーダーレボリューション

このように複数あるセルフオーダーですが、機能性や導入コストはシステムによって大きく異なります。慎重にシステムを検討して、自身に合った適切なセルフオーダーを選択しましょう。

セルフオーダー(テーブルオーダー)システムの導入で得られる3つのメリット

メリットのイメージ画像

セルフオーダーシステムについては大まかに理解できたでしょうか?続いて、セルフオーダーの導入で得られるメリットを3つ解説します。セルフオーダーの導入を検討している方はぜひご参照ください。

スタッフの負担が軽減する

セルフオーダーによるメリット1つ目は、スタッフの負担が軽減することです。わざわざお客様からの注文を取る必要がなくなるため、一部業務の手間を減らせます。ホールスタッフの業務量が減ることにより、人件費の削減にもつながります。

また、お客様自身が注文するシステムであるため、原則としてオーダーミスやトラブルが発生しません。もちろん、ほかの要因によるクレームは考えられますが、スタッフの大幅な負担軽減につながるでしょう。

メニュー表が不要になる

セルフオーダーを導入すると、メニュー表が不要になるというメリットが見込めます。注文はすべてテーブルに設置されているタブレットから行うため、わざわざメニュー表を印刷して作成する必要がありません。そのため、印刷代や作業量の削減につながります。

また、頻繁にメニューを変更する場合でも掲載情報を簡単に修正できるため、メニュー変更の手間があまりかからないのです。

外国語に対応できる

最後に、外国語に対応できるメリットをご紹介します。近年の東京オリンピック開催の影響もあり、外国人が日本国内に訪れる機会が少なからずあるでしょう。そんな外国人からの注文を取る際、本来であれば外国語をある程度理解しておく必要があります。

しかし、セルフオーダーでは言語を切り替えるシステムを搭載していることもあり、スタッフが外国語をまったく知らない状態でも、特にトラブルなく注文のやり取りが可能です。

セルフオーダー(テーブルオーダー)システムの導入で発生する2つのデメリット

ここまで、セルフオーダーを導入するメリットをお話しましたが、反対のデメリットもみていきましょう。良い点と悪い点の両方を理解した上で、セルフオーダーの導入を検討しましょう。

お客様とのコミュニケーションが減る

セルフオーダーを導入するデメリット1つ目は、お客様とのコミュニケーションが減ることです。セルフオーダーを用いれば注文や決済をスムーズに行える反面、スタッフとお客様のやり取りが減少します。

このようにコミュニケーションが減ることにより、スタッフの接客が気に入って再来店するという機会が失われます。それに伴い、顧客満足度が下がる可能性や常連客の構築が難しくなることも考えられるでしょう。

とはいえ、セルフオーダーを導入すれば業務の効率化が図れます。空いた時間で意図的にコミュニケーションを取る機会を設ければ、このデメリットは解消されるはずです。

はじめて利用する場合は時間がかかる

セルフオーダーを導入するデメリット2つ目は、はじめて利用する場合は時間がかかることです。特に年配のお客様はタブレットの操作に慣れていないことから、注文する際に戸惑ってしまうケースが考えられます。

また、ボタンの押し間違いやうまく操作できないことへの不安から、従来のオーダーにはないストレスが発生してしまいます。これらデメリットを解消するためにも、普段からお客様への配慮を心がけましょう。

セルフオーダー(テーブルオーダー)システムを選ぶ際に気をつけるポイント

レストランスタッフのイメージ

セルフオーダーを導入するメリット・デメリットはご理解いただけたでしょうか?では最後に、セルフオーダーを選ぶ際に気をつけるポイントをお話します。安心してセルフオーダーを導入するためにも、ぜひご参照ください。

導入コストを考慮する

セルフオーダーを導入する際には導入コストに配慮しましょう。セルフオーダーの導入コストは、導入時に費用が一切かからないものから数百万円かかるものまでさまざまです。また、セルフオーダーはシステムの費用だけでなく、下記のような導入コストが発生します。

  • 専用の機材
  • タブレット
  • 無線ルーター
  • プリンター

これら以外にも、メニューにおけるカスタマイズ代や定期的なメンテナンス代が発生する場合も考えられます。それら導入コストを考慮してセルフオーダーシステムの会社を検討しましょう。

見やすさと操作性

セルフオーダーのシステムによって見やすさと操作性が異なります。現場で働くスタッフが使いやすいだけでなく、実際に利用するお客様の立場で考える必要があります。

システムの見やすさと操作性は使用してみないとわかりづらいため、実際に試してから判断することをおすすめします。その際には、現場スタッフの意見も参考にしましょう。

サポート体制の有無

サポート体制の有無にも気をつけなければなりません。セルフオーダーのシステムを導入する際、思いもしないトラブルに遭遇する場面が多々あります。例えば、機器の故障やエラー、デバイス同士の接続不良などが考えられます。

はじめてセルフオーダーシステムを導入する方はなおのこと、トラブルをスムーズに解消するためにもサポート体制の有無を確認しておきましょう。

まとめ

お客様自身が商品を注文するセルフオーダー(テーブルオーダー)を導入すれば、店舗側とお客様の両方にあらゆるメリットが見込めます。

今後、セルフオーダーシステムは注文を受けつけるだけでなく、その場で決済まで完結できる仕組みが普及していることが予想されます。セルフオーダーシステムの導入を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。提供する会社によってシステムの機能性や使い勝手が異なるため注意しましょう。

なお、株式会社ユニエイムがご提供するCASHIER POSでは注文を一元管理することにより、お客様自身で会計まで完結できる機能を搭載しています。利便性の高いセルフオーダーシステムを使いたい方は、CASHIER POSをぜひご検討ください。

端末の画像イメージ

CASHIER POSで運営業務を効率化!

詳しく知る
今すぐ相談 050-5306-2709
資料ダウンロード資料
ダウンロード
オンライン商談オンライン
商談
資料ダウンロードお問い合わせ
ページ上部に戻る