キャッシュレス決済のスーパーへの導入効果とは?サービスの選び方も解説 キャッシュレス決済

キャッシュレス決済のスーパーへの導入効果とは?サービスの選び方も解説

2022/09/22

クレジットカードやデビットカード、スマホ決済、QRコード決済などさまざまな種類が登場し、スーパーでも導入が進んでいるキャッシュレス決済。スーパーは短時間に多くのお客様に対応する必要があるため、レジ業務を簡略化できるキャッシュレス決済の導入効果が特に大きいとされます。

そこで今回は、キャッシュレス決済をスーパーに導入することで期待される効果や導入できる決済方法、サービスの選び方をご紹介します。

目次
1 キャッシュレス決済のスーパーへの導入効果 1.1 利用客や客単価の増加 1.2 生産性の向上 1.3 コスト削減 1.4 現金の取り扱いにおけるリスクの低減 1.5 顧客データの活用 2 スーパーに導入できるキャッシュレス決済の種類 2.1 クレジットカード決済 2.2 電子マネー決済 2.3 QRコード決済 3 スーパーに導入するキャッシュレス決済サービスの選び方 3.1 コスト面が適切か 3.2 顧客層に適した決済手段を利用できるか 3.3 端末の形式や機能が店舗に合っているか 3.4 入金までのスピードが十分か 3.5 セキュリティが担保されているか 4 スーパーのキャッシュレス決済導入事例 4.1 業務スーパー 4.2 ライフ 4.3 バロー 5 まとめ

キャッシュレス決済のスーパーへの導入効果

キャッシュレス決済のスーパーへの導入効果

キャッシュレス決済は、店舗の運営側と顧客側の双方にメリットがあります。こちらでは、スーパーにキャッシュレス決済を導入することで期待される効果を解説します。

利用客や客単価の増加

キャッシュレス決済の導入では、新規顧客の獲得や客単価の増加につながる点がメリットです。

普段現金を持ち歩かない方や所持金額が足りない場合でも利用できるため、売上のアップが期待できます。

 

また、ポイント還元を目的にキャッシュレス決済を利用している方も多く、そのような顧客の獲得にもつながります。

生産性の向上

キャッシュレス決済の導入は、店舗業務の生産性向上にも役立ちます。

例えばスーパーの場合、閉店後のレジ締め作業や売上集計、日次レポートの作成などの作業がすべてデジタル化され、短時間で完了できます。

 

近年では、業務の工数削減を目的としてキャッシュレス決済を導入する事例も少なくありません。

コスト削減

キャッシュレス決済の活用によって業務効率を改善できれば、少ない人数で店舗を回せるようになり、主に人件費の削減にも貢献できます。現金と比較して一人あたりの会計時間が短くなるため、レジの待ち時間でお客様に負担をかける心配もありません。

また、クレジットカード払いやタッチ決済などを導入したセルフレジを設置することで、レジ業務をさらに効率化でき、利益の向上が見込めます。

 

セルフレジのメリットについてはこちらで解説しておりますので、併せてご覧ください。

参考記事:「セルフレジのメリットを理解しよう!店舗と顧客の双方に与える影響」

現金の取り扱いにおけるリスクの低減

日本には現金をメインの支払い方法としている方が多いものの、現金の取り扱いにはリスクがあります。盗難や紛失はもちろん、近年では手渡しによる衛生面もリスクとされるようになりました。

 

キャッシュレス決済を導入することで上記リスクを低減でき、利用客も安心して来店しやすくなるでしょう。

顧客データの活用

キャッシュレス決済の利用客が増えると、売上や顧客の情報をデータで管理できるようになるのもメリットです。獲得したデータはマーケティングや商品開発に活用できるため、売上のアップも期待できるでしょう。

 

上記のように、キャッシュレス決済の導入はスーパーに多く効果をもたらします。

スーパーに導入できるキャッシュレス決済の種類

スーパーに導入できるキャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済は、種類ごとに使い勝手や顧客層が大きく変わります。ここでは、スーパーに導入できるキャッシュレス決済の種類とそれぞれの特徴について解説します。

クレジットカード決済

キャッシュレス決済の代表といえばクレジットカード決済です。

最も普及しているキャッシュレス決済の種類で、スーパーでも対応店舗が増えています。そのほかのキャッシュレス決済と比較して利用限度額が高く、利用者が多いのが特徴です。

 

最近では、スマホ決済アプリに対応したクレジットカードも登場しており、導入直後から一定の利用が見込めます。

電子マネー決済

電子マネー決済は、交通系ICや流通系ICなどを使用するキャッシュレス決済です。

 

都市部など公共交通機関が発達しているエリアでは利用者が多いため、顧客層に合わせて導入を検討することが大切です。決済処理のスピードが速く、利用金額がそれほど高額でない場合に使用されやすい傾向があります。

QRコード決済

QRコード決済は、顧客または店舗側がQRコードを読み取って決済を行うシステムです。

 

顧客のスマホに表示されたQRコードをレジで読み取るタイプと、レジに設置したQRコードを顧客がスマホで読み取るタイプに分けられます。さまざまな種類があるため、ポイント還元率の高さや、チャージのしやすさなどを参考に導入する決済方法を選択するのがおすすめです。

スーパーに導入するキャッシュレス決済サービスの選び方

キャッシュレス決済サービスは、さまざまな会社が提供しています。ここでは、スーパーにキャッシュレス決済を導入する際のサービスの選び方を解説します。

コスト面が適切か

キャッシュレス決済を利用する場合、端末の導入にかかる初期費用や月額費用、決済手数料がかかります。初期費用や月額料金は数千円から数万円、決済手数料は3%前後が相場です。

 

導入するサービスの種類やスーパーの規模によってコストは変わるため、予算の範囲内か事前に確認する必要があります。

顧客層に適した決済手段を利用できるか

キャッシュレス決済は、できる限り多くの種類を導入するのが理想ですが、厳選しないとその分コストがかかります。そのため、自店舗の顧客層を確認した上で、最適な決済手段を利用できるサービスを導入することが大切です。

 

例えば、駅近の店舗でサラリーマンの利用客が多い場合は電子マネー決済、学生など若い顧客が多い場合はスマホ決済などがメインの選択肢となります。

端末の形式や機能が店舗に合っているか

キャッシュレス決済の導入と一緒に設置する端末には、さまざまな形式や機能があります。例えば端末の大きさやPOSレジとの連携機能など、店舗に適したものを選ぶことが重要です。

 

どんな端末が適しているかわからない場合は、提供会社の担当者に相談するのが良いでしょう。

入金までのスピードが十分か

キャッシュレス決済を利用した場合、現金決済とは異なり、売上金は指定日時に銀行口座へ振り込まれます。売上の発生から入金までタイムラグが発生するため、キャッシュフローの悪化を防ぐために入金スピードの確認が必要です。

セキュリティが担保されているか

キャッシュレス決済では、セキュリティ面を懸念している方も多いでしょう。そのため、不正利用や情報漏洩などセキュリティが担保されているサービスを選ぶことも重要です。一度セキュリティ事故が発生すると、店舗の信用を失う可能性があります。

 

スーパーにキャッシュレス決済を導入する際は、上記のポイントを押さえておきましょう。

スーパーのキャッシュレス決済導入事例

小売業界では、大手スーパーでもキャッシュレス決済の設置が進んでいます。最後に、キャッシュレス決済を導入したスーパーの事例をご紹介します。

業務スーパー

全国に店舗がある業務スーパーでは、一部店舗でキャッシュレス決済に対応しています。導入しているキャッシュレス決済の種類は店舗ごとに異なり、中でも7割以上の店舗がクレジットカード決済を導入済みです。

 

業務スーパーはまとめ買い目的のお客様も多いため、レジ業務が煩雑になりやすく、キャッシュレス決済の導入による効率化の効果が高いといえます。

ライフ

近畿・関東地方に店舗を構えるライフでは、クレジットカードや一部スマホ決済を導入しています。電子マネー機能付きのポイントカードも発行しており、事前にチャージしておくと支払いをスムーズに行えます。

バロー

食品専門スーパーのバローは、クレジットカード決済やQRコード決済、バローグループが発行する電子マネーを利用できます。幅広い顧客層に対応できるよう、利用者の多いサービスが一通り揃っているのが特徴です。

まとめ

キャッシュレス決済は、日々多くのお客様が訪れるスーパーでは特に重宝するシステムです。レジ前の混雑や現金管理、衛生面などに課題を抱えている場合は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考記事:「キャッシュレス決済の導入メリットとデメリット、設置の流れを解説

ページ上部に戻る