アパレル店舗がPOSレジを導入するメリット・デメリットとは? POSの基礎知識

アパレル店舗がPOSレジを導入するメリット・デメリットとは?

2022/03/20

アパレル店舗を運営する上でPOSレジがどういった点で有効なのか気になる方も多いのではないでしょうか。有効性を理解しておくことで、導入後のイメージがつきやすくなるでしょう。

そこで本記事では、アパレル店舗がPOSレジを導入するメリット・デメリット、また、在庫管理機能について詳しく解説していきます。

この記事でわかること

  • アパレル店舗におけるPOSレジの重要性
  • アパレル店舗にPOSレジを導入するメリット
  • アパレル店舗にPOSレジを導入するデメリット

アパレル店舗にはPOSレジは必要不可欠

アパレル店舗において在庫管理は会社経営に影響を与え、効率的に在庫管理を行うPOSレジの存在は不可欠です。POSレジによる誤りのない在庫管理によって売上や損失を理解できます。

ここではアパレル店舗における在庫管理の重要性やPOSレジで在庫管理問題を解決できる理由を解説します。

アパレル店舗がかかえる在庫管理の問題

アパレル業界は商品の移り変わりが激しく商品数が多いため、経営を左右する在庫管理が重要な業務となります。在庫管理では売れ行きを見つつ、衣服や小物は季節やトレンド、住む地域を考慮し発注する必要があるのです。

アパレル店舗は商品が多く、発注・検品ミスを起こしやすい上に年々移り変わるトレンドで需要予想は難しさがあります。適切な在庫管理ができなければ、経営破綻に繋がる恐れもあるため経営上も非常に重要な項目です。

したがって、アパレル業界での在庫管理は課題でもあり、正確性と効率性を意識することで経営改善を行うことも可能になります。

アパレル店舗に有効なPOSレジの在庫管理機能とは

商品サイクルが短く大量の在庫を扱うアパレル店舗では、在庫の見える化が可能なPOSレジによる在庫管理が有効です。

解決のためには、POSシステムを搭載したPOSレジを導入することで、機能に加えて在庫管理業務への対応が可能になります。具体的には入出荷や棚卸、返品などの管理機能があり、在庫情報をリアルタイムに管理できます。

タイムリーな顧客情報を習得でき、欠品管理への迅速な対応や適正在庫の維持も可能です。レジ業務に加え在庫管理機能が可能なPOSレジは、商品変動の激しいアパレル業界にとって不可欠な存在になるでしょう。

在庫管理以外にも、POSレジの重要な役割としては顧客管理があります。

顧客管理についてはコチラの記事で解説しています。

参考記事:POSレジに求められる顧客管理機能とは

 

アパレル店舗にPOSレジを導入するメリット

アパレル店舗にPOSレジを導入するメリット

在庫管理から売上、顧客管理まで搭載したPOSレジは、アパレル店舗でも多機能に活躍します。

また、飲食店や雑貨店などの小売店においても「小売業向けPOSシステム」として導入される傾向にあります。アパレル業界でのPOSレジ導入には4つのメリットがあります。

複数店舗で利用可能

在庫管理をリアルタイムで行い、複数店舗での利用や本部で複数の店舗の売上、在庫状況の可視化が可能です。

例えば店舗別の商品数をオンラインで確認できるため、現場からの売上情報の報告の手間を省き、一層コア業務に集中できるようになります。本部も1日の売上や在庫、顧客情報などをその場で把握できます。

商品数の多いアパレル店舗でも、各店舗の在庫数や売上を確認でき、情報共有もスムーズになります。POSレジは複数店舗で活用でき、リアルタイムで各店舗の在庫管理を行うことで各店舗や本部での在庫管理の効率化が可能です。

在庫管理の一元化に有効

POSレジは、在庫管理の一元化に有効です。

在庫管理の一元化によって、ひとまとめにした在庫や売上、発注などの商品に関するすべての情報を同じシステム内で完了させます。

在庫管理をシステム上で統括することで、在庫状況を把握しやすくなり、業務負担を減らし、効率的な在庫管理が可能です。

売上データ分析に活用

レジ機能に加えて商品情報や売上も詳細に記録でき、売上データ分析への活用にも有効です。

POSレジの在庫管理機能によって品揃えや在庫数、今後の売上の予想、在庫の確保が可能になります。また、タイムリーな売上情報を分析できれば、適切な在庫管理を行い、欠品を防ぎます。

顧客が希望するタイミングで商品を提供できるようになり、「在庫がなく商品を購入できない」リスクの削減にも繋がります。

人件費削減に有効

在庫管理システムは業務の手間を省き、人件費の削減に有効になります。

一定のルールを定めれば、場所や時間を問わず「誰でも」在庫管理が可能になり、在庫管理専用の人材確保も不要です。

閉店時のレジ締めの際に発覚する、違算金も商品の購入時刻や顧客情報に合わせて在庫数も確認できるため、スムーズな対処が可能です。

POSレジは全従業員が利用できる在庫管理やサービスの提供で、業務中の手間や人員確保による人件費にも有効となります。

アパレル店舗にPOSレジを導入するデメリット

小売業向けPOSシステムは主に小売店の売上管理に特化し、円滑な在庫管理を行う一方、デメリットを伴う恐れがあります。これから紹介する2つのデメリットを理解しておくことが大切です。

停電時に利用できない

POSレジシステムはITシステムや電子機器のように停電時は利用できず、電気が復旧するまでレジを開けないデメリットがあります。

データが消失することはありませんが豪雨や雷などの災害による停電の間は、会計や在庫管理、発注はすべてストップします。

対策として、緊急時のマニュアルを店舗で用意し、経営管理の分散で、停電時のリスクを削減することが重要です。POSシステムは機能性が高い一方、電気が消失した際は使えないため、停電時の対策を取り入れることが大切になります。

導入コストがかかる

POSレジは多機能を持ち合わせる分、購入費用が高くなり初期費用や運用費用は高くなりやすいデメリットもあります。

具体的には初期費用では、機器やシステム購入料金、設置費用が必要となります。

導入の運用コストとしては、アップデートやメンテナンスなどの維持費が必要経費となるため、事前に想定しておくことが大切です。

また店舗の規模やPOSレジの種類、導入したい機能の違いで、明確な導入コストは異なります。POSレジは複数の機能で企業経営を支えるシステムとなる一方、それなりの導入コストとなるデメリットは理解する必要があります。

利用する目的の明確化が必要不可欠

アパレル店舗に有効なPOSレジサービスは、レジの目的を明確化した上で導入することが大切です。

POSレジは売上管理や商品管理、顧客管理に加えて、見込まれる売上や退勤管理などマルチに機能を搭載しています。最低限必要な機能を揃えると、全従業員が円滑にPOSレジを活用できるようになり、コストを削減できるメリットも期待できます。

導入時は利用目的の明確化をした上で、店舗経営や企業理念に沿ったPOSレジの導入を推奨します。

まとめ

本記事では、アパレル店舗がPOSレジを導入するメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

アパレル店舗でPOSレジを活用することは店舗の在庫管理の最適化の観点から非常に有効です。しかし一方で、自社の導入目的を明確化せずに導入してしまうと実情に合わない事態も起こり得ます。そのため、導入目的を明確化した上での導入を心がけるようにしましょう。

ページ上部に戻る