小売店にPOSレジを導入するメリットとは?機能も解説 POSの基礎知識

小売店にPOSレジを導入するメリットとは?機能も解説

2022/03/10

小売店を営業していて、POSレジを導入したいけれど、本当に導入するべきか躊躇している方もいるのではないでしょうか。POSレジの機能やメリットを理解しておくことで導入の意思決定もスムーズに進められるようになります。

そこで本記事では、POSレジを小売店に導入するメリットや便利な機能について解説していきます。

この記事でわかること

  • 小売店でPOSレジが必要な理由
  • 小売店で活躍するPOSレジの機能
  • POSレジ導入時の流れ

小売店にはPOSレジは必ず必要になる

小売店にはPOSレジは必ず必要になる

POS(Point Of Sales)レジは、商品のバーコードを紐づけて、「種類・時間・金額・数量」といった販売時点の情報収集と分析が行える機能を搭載したレジです。

これまでは、顧客から受け取った金銭の保管や、比較的シンプルな計算しか行えなかったために、どうしても人の手によるデータ処理が必要不可欠でした。

しかし、POSレジの登場によって売れ筋、あるいは伸びしろのある商品が簡単に洗い出せるようになったことから、今や小売店には必須のツールといっても良いでしょう。

POSレジを小売店が導入するメリット

ここからは、小売店がPOSレジを導入する以下3つのメリットについて解説します。

  • ピークタイムに応じた人員配置
  • 発注業務の効率化を実現
  • 顧客属性の分析が可能

現在検討している方は、最大限効率的に活用するためにも、ぜひ参考にしてください。

ピークタイムに応じた人員配置

POSレジは、会計操作が発生した時間や具体的な売上といった情報を収集できるため、来店数が増えるタイミングを分析し、適切に人員を配置することが可能です。

たとえば、閑散期にリソースを集中させると収入とコストのバランスが崩れ、赤字ばかりがかさんでしまうケースも少なくありません。

また、逆にピークを見極められなければ顧客対応が遅れてサービス品質の低下を招いてしまうでしょう。

一方、POSレジシステムのデータを基に売上管理を実施してピークタイムを割り出せば、人員の最適化を行い、顧客満足度を維持しつつ肝心の利益も残せるメリットがあります。

発注業務の効率化を実現

小売業では商品を切らさず適切に補充し続けることも重要です。

しかしながら、従来の紙媒体では、取りまとめて手計算で残数を把握する必要があり、単純に手間がかかるばかりか、ミスが発生するリスクもありました。

そこで、POSシステムにバーコードを紐づければ、在庫数や消費ペースが瞬時に判断できるため、通常業務をこなしながらでもワンタッチで発注業務が済ませられるのです。

当然、閉店後に人員を割いて現物を確認する工程の省略も可能となることから、余分な人件費の削減にも一定以上の効果が見込めます。

顧客属性の分析が可能

POSレジでの会計時に年代や性別、国籍などを入力すれば、顧客属性の把握とその傾向にあわせた戦略構築が行えるメリットもあります。

たとえば、売上貢献度が高い購買層にターゲットを絞ることで、商品ラインナップの方向性が明確となり、満足度と顧客単価の向上が狙えるでしょう。

もちろん、顧客属性は永続的に一定というわけではないため、ただ営業するだけでは見えてこない市場の流れ、あるいは動向を「数値として」可視化できる点も大きな魅力です。

小売店で便利なPOSレジの機能

POSレジのメリットが把握できたところで、次は具体的な機能を3つ確認していきます。

  • 在庫管理機能
  • 決済機能
  • 顧客分析機能

それぞれきちんと押さえておきましょう。

在庫管理機能

POSレジには、ネットワークに登録されている商品の在庫管理機能が備えられているため、販売と同時に店頭とバックヤード双方の在庫数がリアルタイムに反映されます。

さらに、複数店舗間の情報も一本化できることから、決算シーズンなどに急いで集計を取るのではなく、常に見やすく整った状態で全体の商品管理が行えるでしょう。

こまめに在庫を補充しておけば、顧客の求めに応じて適切に商品の提供が可能となり、サービス品質の向上にも繋がる機能です。

在庫過多による保管料や廃棄コストも小売業においては特に注意するべきですが、POSレジの機能を用いれば最適なバランスを維持していけます。

決済機能

データ集計に特化したPOSレジですが、通常のレジ機能に関してももちろん高水準となっており、現金だけでなくクレジットカードや電子マネーに対応した端末も増えています。

加えて、店員がバーコードの読み取りのみを行う「セミセルフレジ」だけでなく、顧客自身で操作してもらう「セルフレジ」タイプと、様々なバリエーションが選択可能です。

顧客分析機能

POSレジは顧客の年代や性別だけでなく、その日の天候、総来店人数、具体的なジャンルを1つのデータとして登録し、顧客管理・分析が行える機能も搭載しています。

したがって、シンプルに購買率の高いターゲットが絞り込める上に、特定の客層に人気のある商品の洗い出し、反対に死に筋の判断も容易となるでしょう。

たとえば、雨天の売上が極端に弱いのなら「雨の日限定セール」などの対策も講じられるため、多角的な視点からより柔軟な販売戦略の構築が可能です。

POSレジにはアプリ型と据え置き型の2つがある

POSレジはタブレットに対応したアプリ型(通称:タブレットレジ)と、専用端末である据置型に分類されており、それぞれで異なるメリット・デメリットを持っています。

  • アプリ型の特徴

アプリ型は、コンパクトで取り回しの利きやすいタブレットを決済端末として利用できるため、飲食店やアパレル、移動販売といった業種で人気です。

現在はクラウドタイプが主流となっており、利便性の高いPOSレジサービスが続々と誕生しています。

  • アプリ型のメリット・デメリット

タブレットPOSレジアプリ自体が比較的安価で導入できる点に加えて、詳しい説明がなくともある程度直感的に操作できるメリットがあります。

端末初期費用や維持費に関しても抑えられるため、低コストでPOSレジを利用したい場合にはおすすめです。

ただし、商品の情報をカスタマイズしなければならず、Wi-Fiなどの回線状況次第で、外部機器の読み取り不具合などが発生するデメリットにも注意した方が良いでしょう。

  • 据置型の特徴

据置型は主に小売業向けPOSシステムに特化した端末であり、スーパーや飲食関連のチェーン店などに広く導入されています。アプリ型のように持ち運ぶことはできませんが、より柔軟なカスタマイズが可能です。

  • 据置型のメリット・デメリット

ほとんどの場合、プリンターやリーダーといった付属機器が一体となっているため、端末間の通信不具合などを考慮する必要がありません。

加えて、様々な業種に適した分析項目の設定も行えるメリットもある一方、アプリ型よりも多機能な分、初期費用が高額になりがちなデメリットがあります。

以上の通り、据置型はコストが割高になってしまう注意点もありますが、「CASHIER」なら、初期設定費用無料でレンタルすることが可能です。

また、インターネットと接続するだけで使用できる手軽さに加えて、充実したサポート体制によって、業務効率化に結びつく小売業向けPOSソリューションを提供しています。

さらに、「フリープラン」なら初期設定・本体代金・サポート・メンテナンス費用のすべてがゼロ円となっているため、「まずは試してみたい」という方にもおすすめです。

まとめ

本記事では、小売店にPOSレジを導入することのメリットや機能について詳しく解説しました。小売店を営業する時にはPOSレジは必ず必要になるため、自社に最適なPOSレジを選び、営業効率向上を目指しましょう。

ページ上部に戻る