【飲食店向け】自動釣銭機を導入するメリットは?運用方法や費用を解説 キャッシュレス決済 店舗DX

【飲食店向け】自動釣銭機を導入するメリットは?運用方法や費用を解説

2024/06/28

感染症対策の一環として、非接触での会計が求められるようになったことで、一気に自動釣銭機は普及しました。しかし、ウィズコロナになった昨今でも自動釣銭機を導入する飲食店は多くあります。

便利な機器ではあるものの、具体的に「自動釣銭機を導入するメリットは?」「自動釣銭機を導入するには、どれくらいの費用がかかるのだろう?」など詳しくわからないという飲食店もあるでしょう。

そこで、この記事では飲食店向けに自動釣銭機の概要やメリット・デメリット、運用方法、費用相場について解説します。

目次
1 自動釣銭機とは 2 飲食店に自動釣銭機を導入するメリット・デメリット 2.1 メリット 2.2 デメリット 3 飲食店におすすめの自動釣銭機の運用方法 3.1 POSレジ+自動釣銭機 3.2 セミセルフレジ 3.3 テーブルオーダーシステム+フルセルフレジ 4 【運用方法別】自動釣銭機の費用相場 4.1 POSレジ+自動釣銭機 4.2 セミセルフレジ 4.3 テーブルオーダーシステム+フルセルフレジ 5 飲食店が自動釣銭機にかかる費用を安く抑える方法 5.1 レンタル・リース契約で導入する 5.2 補助金・助成金を利用する 6 自動釣銭機を導入して店舗経営を改善しよう

自動釣銭機とは

自動釣銭機とは、現金を投入した際に自動で釣銭を計算し、釣銭を排出してくる機器のことです。自動精算機やセルフ精算機とも呼ばれています。

自動釣銭機の種類や仕組み、よくあるトラブルとその対策については以下の記事をご覧ください。
関連記事:自動釣銭機のメリット・デメリットは?価格やトラブルも解説

飲食店に自動釣銭機を導入するメリット・デメリット

飲食店に自動釣銭機を導入するメリット・デメリットを解説します。

aa

メリット

飲食店に自動釣銭機を導入する主なメリットを以下にまとめました。

  • レジ業務にかかる負担の低減
  • お客様を会計で待たせる時間の短縮
  • 精算にかかる人的ミスの防止
  • セキュリティ面の向上

特にランチタイムやディナータイムなどの混む時間帯において、会計にかかる時間は極力減らし、効率化したい飲食店が多いでしょう。自動釣銭機であれば、「受け取った現金の入力」「現金を種別ごとにキャッシュドロアにしまう」「釣銭をキャッシュドロアから取り出す」という工程を自動化できます。

また、自動釣銭機の中に現金が収納されているため、営業中であっても現金を盗むことは難しい構造です。そのためセキュリティ面も、従来のキャッシュドロアよりも優れているといえるでしょう。

aa

デメリット

飲食店に自動釣銭機を導入する主なデメリットを以下にまとめました。

  • 導入に費用がかかる
  • 機種によって対応していない硬貨や紙幣がある
  • 設置に比較的スペースが必要
  • エラーやトラブルが発生する可能性がある

ただし、これらのデメリットは、自動釣銭機を導入する前にしっかり準備することで最小限に抑えられます。費用は補助金・助成金を利用することで負担を低減でき、提供メーカーによっては補助金・助成金の申請をサポートしてくれる場合もあります。

そのため不明点や不安な点がある場合は、まずは提供メーカーに相談することがおすすめです。

飲食店におすすめの自動釣銭機の運用方法

自動釣銭機に会計機能は付いていないため、別途レジを用意する必要があります。ここでは、飲食店におすすめの自動釣銭機の運用方法を解説します。

aa

POSレジ+自動釣銭機

POSレジとは、会計時にバーコードを読み取ることで、リアルタイムに商品情報を収集できるレジのことです。商品管理や売上分析・管理、在庫管理、顧客管理などさまざまな管理機能を有しているため、最近では多くの企業がPOSレジを導入しています。

この運用方法は、接客を強みとしている飲食店におすすめです。退店まで、スタッフがすべて対応するため、ホスピタリティの高さを感じてもらいやすくなります。

aa

セミセルフレジ

セミセルフレジとは、会計のバーコードの読み取りはレジスタッフが行い、決済はお客様自身が行うタイプのセルフレジです。セミセルフレジとしてパッケージになっているものもあれば、「POSレジ+自動釣銭機」をセミセルフレジとして利用する場合もあります。

この運用方法は、「POSレジ+自動釣銭機」と同様に退店までお客様とコミュニケーションを図ることが可能です。また、感染症対策にもなるため、衛生面が気になるお客様からは好印象が得られるでしょう。

aa

テーブルオーダーシステム+フルセルフレジ

テーブルオーダーシステムとは、各テーブルに設置されたタブレットやお客様のスマートフォンからお客様自身が注文するシステムのことです。最近では、レストランや居酒屋、回転寿司などに多く導入されています。

またフルセルフレジとは、会計・決済業務のすべての工程をお客様自身が行うタイプのセルフレジです。自動釣銭機はフルセルフレジに内蔵されているため、別途購入する必要はありません。

この二つのシステムを組み合わせると、入店~退店までの工程の多くをお客様自身が行うことになります。そのため「一人で気楽に食事を楽しめる」「人件費を削減したい」「人材不足でホールスタッフが最低限しか配置できない」などの飲食店におすすめのシステムです。

【運用方法別】自動釣銭機の費用相場

ここでは自動釣銭機の運用方法別に、費用相場を解説します。

aa

POSレジ+自動釣銭機

POSレジ+自動釣銭機を導入する場合には、POSレジと自動釣銭機を両方導入する必要があります。以下に初期費用とランニングコストをまとめました。

  • 初期費用:約100~150万円
  • ランニングコスト:約数万円(インターネット通信料、POSシステム利用料、保守費用など)
aa

セミセルフレジ

セミセルフレジを導入する場合には、レジ本体と自動釣銭機を両方導入する必要があります。以下に初期費用とランニングコストをまとめました。

  • 初期費用:約100~400万円
  • ランニングコスト:約数万円(インターネット通信料、POSシステム利用料、保守費用など)
aa

テーブルオーダーシステム+フルセルフレジ

テーブルオーダーシステム+フルセルフレジを導入する場合には、テーブルオーダーシステムとフルセルフレジを両方導入する必要があります。以下に初期費用とランニングコストをまとめました。

  • 初期費用:約100~300万円
  • ランニングコスト:約数万円(インターネット通信料、POSシステム利用料、保守費用など)

飲食店が自動釣銭機にかかる費用を安く抑える方法

最後に、飲食店が自動釣銭機導入にかかる費用を安く抑える方法を解説します。

aa

レンタル・リース契約で導入する

自動釣銭機を導入するには、購入する以外にもレンタルやリース契約といった方法があります。以下にそれぞれの契約の特長をまとめました。どちらの契約が適しているのか、契約の内容を確認しましょう。

  • レンタル

短期間~長期間の契約が可能。中途解約もできるため、試用や一時的なイベントなどにも適しています。
レンタルの場合、初期費用は無料であることが多い代わりに月額料金がかかります。また提供メーカーが用意した機種から選ぶため、希望の機種を借りられないことが一般的です。

  • リース

長期契約のみの契約で、途中解約はできません。すでに希望の機種が決まっており、長期的に利用したい場合に適しています。
リースの場合、初期費用は無料であることが多い代わりに、月額量がかかります。ただし、レンタルよりも割安になることが一般的です。また、希望の機種を借りられることもメリットの一つです。

aa

補助金・助成金を利用する

自動釣銭機を導入する際に、補助金・助成金を利用することで、かかる費用の一部を支援してもらえる可能性があります。

 

補助金・助成金とは、返済不要の資金調達方法のことです。国や地方自治体などが主導しているため、安心して申し込むことが可能です。

受給するには、各補助金・助成金の支給要件を満たす必要があります。一部の補助金・助成金には「POSレジやセルフレジ、自動釣銭機を導入する」ことが支給要件を満たす取り組みと規定されています。

自動釣銭機の導入に利用できる補助金・助成金は以下の記事をご覧ください。
関連記事:【2024】自動釣銭機・自動精算機導入に活用したい補助金・助成金6選!

自動釣銭機を導入して店舗経営を改善しよう

この記事では、飲食店向けに自動釣銭機の概要やメリット・デメリット、運用方法、費用相場について解説しました。

自動釣銭機を導入することで、会計・決済の業務効率化や待ち時間の短縮など、店舗側・お客様側の両者がともにメリットを受けられます。

  • どの運用方法が適しているのか知りたい
  • 自動釣銭機導入にかかる具体的な金額を知りたい
  • POSレジやセルフレジ、券売機の商品紹介も見てみたい

上記に一つでも当てはまる場合には、下記のページをご覧ください。

CHASHIERのPOSレジのサービスページはこちら

https://cashier-pos.com/pos/6800ua/

CHASHIERのセルフレジのサービスページはこちら

https://cashier-pos.com/pos/selfregister/

CHASHIERの券売機のサービスページはこちら

https://cashier-pos.com/pos/vendingmachine/

記事の投稿者PROFILE

CASHIER カスタマーサクセス

田口 帆夏

2022年12月入社。前職は大手スーパーにて接客や店舗管理を経験。
接客以上にお客様に寄り添ったサービス提供を行いたく、カスタマーサクセスに転職。
持ち前の人柄の良さと丁寧な対応でチームにかかせない存在となっている。

ページ上部に戻る